徳永英明

TOP27683 名热度:4万

地区:Japan 日本  生日:1961-02-27

简介: 中 文 名: 德永英明 
外 文 名: とくなが ひであき,Tokunaga Hideaki 
国    籍: 日本 
星    座: 双鱼座 
血   更多>

中 文 名: 德永英明 
外 文 名: とくなが ひであき,Tokunaga Hideaki 
国    籍: 日本 
星    座: 双鱼座 
血    型: A型 
身    高: 175cm 
体    重: 63kg 
出 生 地: 日本福冈县柳川市 
出生日期: 1961年2月27日 
职    业: 歌手,词曲制作人 
代表作品: 《Rainy Blue》《永恒的光辉》《BIRDS》《坏掉的收音机》《VOCALIST》 
主要成就: 2011年第25回日本金唱片大奖特别奖  
           2011年第25回日本金唱片大奖最佳企划奖 
           2008年第22回日本金唱片大奖最佳企划奖 
           2007年第49回日本唱片大奖特别奖 
           2006年第48回日本唱片大奖企划奖
 
德永英明(Tokunaga Hideaki),日本歌手、词曲制作人。
 
早年经历
1961年2月27日,德永英明出生于日本福冈县柳川市。从伊丹高中毕业后,进入大阪观光专业学校学习,之后退学。19岁独自一人来到东京寻求音乐道路,他曾做过餐厅服务生和食品推销员,期间仍不断创作,却始终得不到唱片公司赏识。
1982年,德永英明参加电视公司举办的歌唱选秀节目《明星诞生》,一路打进总决赛,在总决赛时败给松本明子;1983年,22岁的德永英明决定加入TBS电视台开办的演员训练学校,接受声乐、歌唱技巧及其他演艺工作理论和实习训练。同时还进行南方之星音乐录音带的演出。一年课程结束后,德永英明在毕业典礼上许下心愿,要在五年后站武道馆的台上为满场的观众演出。
1985年,德永英明获得一家制作公司的社长赏识,推荐参加第二届“蓝色海洋音乐节”歌唱大赛,他凭借自己的创作曲《Rainy Blue》获得优胜奖,开始演艺生涯。
 
演艺经历
1986年,1月德永英明发行首张单曲《Rainy Blue》,这首歌为其在日本乐坛出道及成名作品。之后该歌曲经台湾填词人陈家丽重新填词的国语版《蓝雨》由张学友翻唱后收录于专辑中。同时还发行首张专辑《Girl》。
1987年,5月德永英明发行同名单曲和专辑《BIRDS》,其专辑连续两周获得日本公信榜周榜第一位。之后该歌曲再次被张学友翻唱成国语版《太阳星辰》,因此德永英明还获得了香港十大作曲大赏作曲者赏。7月发行第4张单曲《永恒的光辉》,此曲不仅拿下年度畅销曲TOP6,还被谭咏麟翻唱成粤语版《Don't say goodbye》。至此德永英明在香港知名度上升,并受邀参与多场香港公益活动及演唱会嘉宾。
1988年,5月德永英明发行第5张单曲《风中的Eolia》,并且凭借该单曲获得第8回日本作曲大赏优秀作曲者赏。10月发行第6张单曲《最后的理由》,该歌曲被改编为八、九种语言翻唱。12月首次在日本武道馆举办个人巡回演唱,实现了出道前的心愿。
1989年,4月他发行第7张单曲《恋人》,凭借该单曲德永英明不仅获得第22回日本有线大赏有线音乐赏,并且蝉联第9回日本作曲大赏优秀作曲者赏。同年首次在香港红磡体育馆举行个人演唱会,并邀请谭咏麟和关淑怡作为嘉宾。
1990年,1月德永英明发行第9张单曲《相信梦想》,该曲不仅是动画《勇者斗恶龙》的片尾曲,也是年度“十佳国民歌曲”的首位。7月发行第10张单曲《坏掉的收音机》,这首歌曲作为德永英明代表歌曲之一,也是其亲自参演电视剧《都市之森》的主题曲。同年成立了自己的事务所,但是公司的经营、创作歌曲、录制唱片、LIVE等全部需要由德永英明处理,所以身体开始出现问题。10月发行第10张专辑《Justice》,专辑最高获得日本公信榜排行榜第一位。
1991年,发行第7张专辑《Revolution》,该专辑不仅一经公开即登上日本公信榜排行榜第一位,更是其中6首歌曲都被选为广告曲;1993年,11月德永英明发行第18张单曲《在我身边》,该曲为其代表歌曲之一。同年还策划和参与制作电影《新加坡棒》,并且为该影片谱写主题音乐。
1995年,发行第20张单曲《未来飞行》以及第9张专辑《太阳少年》;1996年,推出单曲《Rough Diamond》和《Smile》;1997年,出道十周年之际,德永英明推出了出道曲《Rainy Blue》的重唱版本。同年再次在香港红磡体育馆举行个人演唱会,为香港回归中国后首次于香港举办个人演唱会的日本艺人;1999年,推出单曲《蓝色约定》和《我的情歌》。
2004年,发行第34张单曲《My life》,其中一首《我就是我自己的救世主》描述了德永英明和病魔奋斗的过程;2005年,德永英明开始翻唱女性歌曲,9月推出首张翻唱专辑《VOCALIST》。该专辑重唱了日本1960至今女性代表的经典歌曲,主打歌为中岛美雪的代表作《时代》。年终凭借该专辑获得第20回日本金唱片大奖最佳企划奖和第48回日本唱片大奖企划奖。
2006年,2月德永英明推出出道20年纪念精选单曲专辑《Beautiful Ballade》,专辑内全部采用原始音源。同时举行20周年纪念全国巡回演唱会。8月发行第二张翻唱专辑《VOCALIST2》,其主打歌为中岛美嘉的代表作《雪之华》。年末德永英明不仅凭借该专辑再次蝉联第49回日本唱片大奖企划奖,还首次登上日本红白歌会,演唱代表作《坏掉的收音机》。
2007年,8月发行第三张翻唱专辑《VOCALIST 3》,该专辑以小林明子的出道曲《坠入爱河 -Fall in love-》作为主打,连续两周拿下日本公信榜周榜第一位。此次也是继1991年的冠军专辑《Revolution》之后,其时隔16年后再一次拿下专辑榜冠军。而随着《VOCALIST 3》的大卖,这个系列之前的两张作品《VOCALIST》,《VOCALIST2》也再次全部进入了日本公信榜排行榜前10名。年终德永英明获得第50回日本唱片大奖企划奖,并且再次登上日本红白歌会,演唱翻唱歌曲《坠入爱河 -Fall in love-》。
2008年,专辑《VOCALIST 3》的销量突破一百万张,为2008年第四张百万专辑,也是47岁的德永英明第一张百万专辑。同年举办德永英明了自己演艺生涯的第1000场演唱会,并且再次登上日本红白歌会,演唱了出道曲《Rainy Blue》。
2009年,4月发行第44张单曲《砂时计》,其中包含电视剧《来我家吗》片尾曲《砂时计》和富士电视台广告歌曲《即使没有翅膀》两首歌曲。5月发行专辑《We All》,获得日本公信榜排行榜周榜冠军。8月推出第45张单曲《Hello》,该曲不仅被选为日本面包广告的主题曲,同时还是NTV日本电视台综艺节目的主题曲。年末德永英明第四年登上日本红白歌会,演唱代表作《坏掉的收音机》。
2010年,德永英明为纪念15年前骤逝的台湾名歌手邓丽君,发行第四张翻唱专辑《VOCALIST 4》,其主打曲为邓丽君的《任时光从身边流逝》。该专辑首周不仅以12万张的销售拿下日本公信榜冠军,之后更是连续4周蝉联冠军,同时这张专辑还是德永英明出道以来第一张月冠军专辑。同年连续五年登上日本红白歌会,演唱邓丽君代表作《任时光从身边流逝》。
2011年,为了迎接出道25周年,德永英明发行出道25年纪念豪华精选辑《Vocalist & Ballade Best》。这张精选辑共收录30首歌曲,除了德永英明自己的代表作《Rainy Blue》等之外,还有他翻唱的16首女性歌手名作。
2012年,5月德永英明发行翻唱专辑《Vocalist Vintage》;2013年,推出单曲《STATEMENT》,同时在日本全国举办33场巡回演唱。
2014年,9月发行第53张单曲《再见的彼端》,该曲翻唱自山口百惠的同名引退曲。年末德永英明第9年登上日本红白歌会,并且携手羽生结弦演唱东日本大震灾复兴应援歌曲《花开》。
2015年,推出第六张翻唱专辑《VOCALIST 6》,同时举行43场全国巡回演唱会。
2016年2月22日,突发脑梗塞,为预防左复合进行搭桥手术,于3月11日出院,活动暂时休止。
 
 
徳永 英明(とくなが ひであき、1961年2月27日 - )は、日本のシンガーソングライター、作曲家、俳優。
県柳川市生まれ、兵庫県伊丹市育ち。身長175cm。所属レコード会社はユニバーサルミュージック。公式ファンクラブは「TONY'S CLUB」である。名前に使われている徳の字および英の字は正しくは、戸籍と同じ旧字体である。2002年11月14日の復帰会見以降、本名の旧字体表記で活動を始めたため、近年では各種メディアで旧字体表記が増えているが、文字化け等のリスク回避のため本項目では新字体を使用する。
 
略歴
福岡市立別府小学校、伊丹市立南中学校、伊丹市立伊丹高等学校を卒業後、大阪の観光専門学校(のちに中退)へ。
中学2年の時にラジオから流れてくる音楽に励まされたり勇気をもらっていた。中学3年生の時に、井上陽水の氷の世界を聞いて衝撃を受け、音楽で自分を表現したいと思うようになる。
19歳の時に上京、アルバイトをしながらミュージシャンを目指す。レコード会社近くの飲食店などで働き、顔馴染みになった音楽業界の関係者に自作の曲の入ったカセットテープを渡したりするなど、音楽で身を立てられるよう積極的にアプローチをしていた。またこの頃から新宿ルイードで定期的にライブを行う。父親から「25歳までにデビューできなかったら、自分と同じ保険の営業マンになれ」と忠告されていた。
オーディション番組『スター誕生!』第44回決戦大会に出場。山下達郎の「RIDE ON TIME」を熱唱するが、惜しくもスカウトされず。同じ日に松本明子(渡辺プロダクションからスカウト)、本田美奈子も出場していた。
デビューのきっかけを求めて22歳で俳優養成学校TBS緑山塾に入る。
1985年8月、第2回マリンブルー音楽祭においてグランプリを受賞。
1985年、上記マリンブルー音楽祭を主催する上野義美が1982年に立ち上げたミニFM局「KIDS RADIO STATION」(通称:KIDS)制作・総指揮をとるロックミュージカル「はらじゅくグラフィティ」の概要を発表。徳永もオーディションに参加することになった。オーディション参加者にはミュージカルスターやダンサーを目指す者も多く激戦であった。最終オーディションではSAM(のちにTRFに所属)と徳永が競い、役柄のイメージとルックス、歌唱力が抜きん出ていた[5]徳永が主演・トニー役を射止める。のちに設立されるファンクラブ名「TONY'S CLUB」は、この公演の役名から拝借したもの。同年10月、東郷神社特設ステージにて10日間の公演が行われた。共演は七瀬なつみ(本名・滝沢美千代名義)らなど。
1986年1月21日、アルバム『Girl』、シングル「Rainy Blue」でRadio Cityレコードよりデビュー。先述の父親との「25歳まで」との約束ギリギリの24歳10カ月でのデビューとなった。24日には新宿ルイードでメジャーデビューライブを行う。
同年2月8日、朝日放送(ABC)『ヤングプラザ』に出演し、「Rainy Blue」を歌う。メジャーデビュー後、初のテレビ出演。
同年4月15日、オフィシャルファンクラブ「TONY'S CLUB」設立。
1987年、Radio Cityレコードを同じ文化放送と渡辺プロダクションの合弁会社であったアポロン(後のバンダイ・ミュージックエンタテインメント)に統合、業務移管。
同年8月、富士フイルム「フジカラー」のCMソングとなったシングル「輝きながら…」がヒット曲となる。
1988年12月14日、12月15日、初の日本武道館コンサート。TBS緑山塾時代に宣言した、5年後に武道館でライブをやりたいという目標を実現させた。
1989年12月28日、フジテレビ系ドラマ『悲しいほど好き! 〜Mr.ダンディお嬢様に恋をする〜』の神崎邦彦役でテレビドラマ初出演&初主演。
1990年、事務所を独立。プライベートオフィス「マゼラン」設立。
同年1月16日、シングル「夢を信じて」をリリース。テレビアニメ『ドラゴンクエスト』主題歌。
同年7月7日、シングル「壊れかけのRadio」をリリース。本人も友情出演のTBS系金曜ドラマ『都会の森』主題歌。当時、ヒット曲を生み出す重圧に悩んでいたが、中学生の頃に純粋に音楽と向き合っていた頃の自分を思い出し、同曲を書き上げた。
同年10月9日(トクの日)、アルバム『JUSTICE』をリリース。
1991年3月、初のCM出演。カネボウ「ZENITH」(男性化粧品)。CMソングとして「Wednesday Moon」。
1993年1月、声帯ポリープ手術のため、ツアーを延期。
同年2月、児童環境づくりのための期間限定ユニット「USED TO BE A CHILD」に参加。『僕らが生まれたあの日のように』をリリース。
1994年9月、元モデルの女性との結婚を発表。
1995年、第一子誕生。
1996年、レコード会社「株式会社アポロン」が、「バンダイ」に吸収され、「(株)バンダイ・ミュージックエンタテインメント」となる。
1997年11月、進むべき道を見失い、原点に戻る意味でシングル「Rainy Blue 〜1997 Track〜」をリリース。ベストアルバム『Ballade Of Ballade』もリリース。初のバラードコンサートを行う。
1998年、第二子誕生。スペインに単身で渡り、充電期間を過ごす。レコード会社をキングレコードへ移籍。
2000年、バンダイミュージックの解散により、バンダイミュージックから販売されていたCD、ビデオなどが回収される。
2001年1月6日より、TBS『スーパーサッカー』メインパーソナリティーを務める。
2001年5月、もやもや病(脳血管障害の一種)のため、コンサートツアーを中止。『スーパーサッカー』降板。
2002年11月、もやもや病を克服。レコード会社をユニバーサルミュージックへ移籍し、活動を再開。
2003年5月、よみうりランドにて野外ライブ「赤い太陽の日」を開催。以後、夏恒例のイベントとなり、2009年まで7回連続で開催された。
2005年、女性ヴォーカルの曲をカヴァーしたアルバム『VOCALIST』をリリース。
2006年、デビュー20周年を記念して、ベストアルバム『Beautiful Ballade』をリリースし、コンサートツアー「Beautiful Ballade」、「Beautiful symphony」を行う。また、2作目のカヴァーアルバム『VOCALIST 2』をリリース。年末には第57回NHK紅白歌合戦に初出場し、『壊れかけのRadio』を披露した。
2007年5月、奈良の薬師寺で行われた、「“Present Tree Live〜音楽の力で森をつくろう〜”薬師寺本尊開眼1310年記念奉納コンサート」に出演。3作目のカヴァーアルバム『VOCALIST 3』をリリースした。
2008年、ベストアルバム『SINGLES BEST』とカップリング曲を集めたベストアルバム『SINGLES B-SIDE BEST』を同時リリース。
2010年、4作目のカヴァーアルバム『VOCALIST 4』をリリースした。
徳永は1980年代から2010年代までの4つの西暦10年代連続でアルバム首位を獲得した(1980年代:『BIRDS』、1990年代:『JUSTICE』、『Revolution』、2000年代:『VOCALIST 3』、『WE ALL』、2010年代:『VOCALIST 4』)。男性アーティストによる4年代連続のアルバム首位獲得は、徳永が初である(女性アーティストを含めると、1970年代から2000年代までの4年代連続でアルバム首位を獲得した松任谷由実以来、2組目となる)。
2016年2月22日、もやもや病による脳梗塞発症予防のために左複合バイパス手術を行う。3月11日、退院。3月いっぱいは加療のため活動を休止。
 

猜你喜欢

最新歌手